「知的資産経営のすすめ」

テクナビ豊岡 > 豊岡市からのお知らせ > 「知的資産経営のすすめ」

豊岡市からのお知らせ

2012/10/11 経済課 高田

「知的資産経営のすすめ」

 知的資産」とは特許やブランド、 ノウハウなどの「知的財産」と同義ではなく、それらを一部に含み、さらに組織力、人材、技術、経営理念、顧客等とのネットワークなど、 財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称を指します。
 「知的資産」は企業の本当の価値・強みであり、企業競争力の源泉です。企業経営・活動は、知的資産の活用なしには成り立たないものなのです。
 そのようなそれぞれの会社の強み(知的資産)をしっかりと把握し、活用することで業績の向上や、会社の価値向上に結びつけることが「知的資産経営」です。
 企業が勝ち残っていくためには、差別化による競争優位の源泉を確保することが必要です。
 特に大きなコストをかけなくても身の回りにある「知的資産(見えざる資産)」を活用することによって、他社との差別化を継続的に実現することができ、 ひいては経営の質や企業価値を高めることができるのです。
 企業が有する技術、ノウハウ、人材など重要な知的資産の認識・評価を行い、それらをどのように活用して企業の価値創造につなげていくかを示す報告書で、企業の価値創造の流れをより信頼性をもって説明するものが「知的資産経営報告書」です。
 正確な財務諸表に加え、伝えたい相手に自社の優位性をきちんと伝えるために、「知的資産経営報告書」を作成し、開示することで自社の真の姿(価値)を知ってもらいましょう。

経済産業省HP
■全 16 件中 最新 1 ~ 3 件表示中
■全 16 件中 最新 1 ~ 3 件表示中
<<前の3件 次の3件>>
掲載のご案内

豊岡市内の事業者で新規掲載をご希望の方はご連絡ください。
掲載料は無料です。

〒668-8666
豊岡市中央町2番4号
豊岡市環境経済部環境経済課

TEL.0796-21-9024
FAX.0796-22-3872

新規掲載のお問い合わせ